\ お買い物マラソン実施中!ポイント最大46倍! /

テスコムドライヤーのTD570AとTEC-HD2400(TID2400)の違いはどこ?

テスコムドライヤー違い

2024年2月にテスコムドライヤー「Speedom(スピーダム)」シリーズに新製品TD570Aを発売!

2022年11月発売の「Speedomシリーズ」TEC-HD2400(TID2400)もあります。

Aさん

新型と旧型でどこに違いがあるのかな?

Bさん

あんまり変わってないんじゃない?

しかく

家電ヲタの視点で、同じプロテクトイオン効果を2種を徹底比較します。

違いは以下のにまとめました。

TD570ATEC-HD2400
・大風量2.3㎥/分
・ハイパワー1300W
選べる風量3段階
・クールショットスイッチ
重さ:455g
・プロテクトイオン1000万個/㎝3以上
排気口:インレット構造
・ラク抜きプラグ
・セットフード付属
クイックコードバンド
・温風温度:100℃
大きさ: 215mm×210mm×77mm(フード付き)
・3色
・大風量 2.3㎥/分
・ハイパワー1300W
・クールショットスイッチ
重さ:495g
・プロテクトイオン
・排気口:インレットメッシュ
・ラク抜きプラグ
・セットフード付属
・ロングライフゴムコード
・温風温度:100℃
大きさ:215mm×238mm×77mm(フード付き)
・3色

テスコムドライヤーの新型と旧型の違い

重さが軽くなりや大きさが小さくなったのに、乾かすだけでない機能性能は同じ、さらに作業性がスムーズになっています!!

すばらしい!!

ブラボー!!!

大したことないとみるか?

ものすごい進化とみるか?

しかく

大風量はそのままで重さが軽くなるのはすごい進歩だと思います。

この記事を読めば、TD570AとTEC-HD2400(TID2400)との違い、共通点がわかります。

自分にあったドライヤーを選んでください。

\新機種はこちら/

\旧機種はこちら/

\テスコムのドライヤーを比較したい方はこちら/

目次

テスコムドライヤーTD570AとTEC-HD2400(TID2400)の基本性能比

ドライヤーセット

・テスコムドライヤーTD570Aは 大風量・速乾性・高性能に加え持ちやすさを重視した方にオススメです。

非常に軽いのに、性能抜群です!

・テスコムドライヤーTEC-HD2400(TID2400)は 高性能でかつコストも抑えられるものを選びたい方にオススメです。

新機種を入れたことで、旧機種がコストダウンになっています!

スクロールできます
TD570A
TD570A(新)
TID2400
TEC-HD2400(旧)
風量2.3m3/分2.3m3/分
ハイパワー1300W1300W
重さ455g495g
機能プロテクトイオンプロテクトイオン
TD570A
TD570A(新)
TID2400
TEC-HD2400(旧)
排気口インレット構造インレットメッシュ
プラグラク抜きプラグラク抜きプラグ
セットフード付属
温風温度100℃100℃
TD570A
TD570A(新)
TID2400
TEC-HD2400(旧)
大きさ 215mm×210mm×77mm
(フード付き)
215mm×238mm×77mm
(フード付き)
カラーブラック
レッド
ホワイト
ブラック
レッド
ホワイト
価格7,700円5,980円
購入する購入する
各製品の比較

テスコムドライヤーTD570AとTEC-HD2400(TID2400)の違い

ドライヤーセット

テスコムドライヤーTD570AとTEC-HD2400(TID2400)の違いは3つです。

重さ

旧製品より軽くペットボトルよりも軽いので、ドライヤーをかけるのに負担軽減を実現!

大きさ

TEC-HD2400よりさらに小型化を実現。小回りもきく設計。

吹き出し口

TD570A

TEC-HD2400(TID2400)

いずれも吸い込み口のホコリや髪の毛が取れるようになっていますが、サッとふきとるだけで取れやすく改良されています。

テスコムドライヤーTD570AとTID2400A(TID2400)の共通点

ドライヤーセット2

大風量・大風圧・大パワー

大風量・大パワーによって速乾が実感できます。

髪の仕上がり

ドライヤー_女性

テスコムドライヤーにはプロテクトイオン機能がついています。

プロテクトイオンによる効果は以下の5つです。

  • 静電気抑制効果
  • ツヤアップ効果
  • まとまりUP効果
  • ダメージケア効果
  • なめらか効果

TESCOM公式楽天市場店より

特に風量が多いにも関わらず、髪の毛に対するプロテクトイン効果を実感されている方が多いです。

テスコムドライヤーTD570AとTEC-HD2400(TID2400A)がオススメな人

女性

他社メーカーのドライヤーより安い

価格

最近では3万越えの他社メーカーのドライヤーも多く販売されています。テスコムドライヤーは、他社品より圧倒的に安く抑えられているものの、風量、速乾性、仕上がり性能などは高機能。

非常にお買い得です。

  • 価格帯:テスコムドライヤーは、3,000円~10,000円程度の価格帯で販売されているモデルが多く、他社メーカーの同機能モデルと比べて、約20%~30%安価。
  • コストパフォーマンス:テスコムドライヤーは、価格以上の機能性を備えたモデルが多い。コストパフォーマンスの高いドライヤーをお探しの方におすすめ。

\一番人気・最新機種はこちら/

\よく一緒に買われている商品はこちら/

\よく一緒に買われている商品はこちら/

\よりコストメリットが得られます!旧製品はこちら↓/

よくある質問

QA

テスコムドライヤーに関して質問をまとめました。

ドライヤー高額なものは何が違うのですか?

普通のドライヤーは髪を乾かすために作られているのに対し、高級ドライヤーは髪を乾かしながら同時にヘアケアもできるという違いがあります。 普通のドライヤーにもマイナスイオン機能が付いているモデルはありますが、高級ドライヤーにはメーカー独自の技術を用いたヘアケア機能や温度調節機能などが搭載されているのが特徴です。

テスコムドライヤーやプロテクトイオンを搭載しており、しっかり髪の毛をケアできます。

ドライヤーの風量の目安はありますか?

風量は「㎥/分」という単位で表記され、数値が大きいほど風量が大きくなり、髪を乾かすスピードが早くなります。 ドライヤーの風量は1.3㎥/分が一般的です。 髪が長く、ボリュームがある方は1.5㎥/分以上の大風量ドライヤーを選びましょう。

テスコムドライヤーの「Speedom」シリーズは特に風量が大きいのが特徴で、2.0㎥/分以上です。

ドライヤーは使った方がよいですか?

ドライヤーは自然乾燥よりも短時間で乾かすことができ、開いたキューティクルを正常な状態に戻すことができます。 確かに髪には熱に弱い一面がありますが、キューティクルが開いたままの状態で放置するよりも、ドライヤーを正しく使って手早く乾かしたほうが、髪の健康には良いと言えるでしょう

テスコムドライヤーTD570AとTEC-HD2400(TID2400)の違いに関するまとめ

旧製品と新製品の性能を表に示しました。

TD570ATEC-HD2400
・大風量2.3㎥/分
・ハイパワー1300W
選べる風量3段階
・クールショットスイッチ
重さ:455g
・プロテクトイオン1000万個/㎝3以上
排気口:インレット構造
・ラク抜きプラグ
・セットフード付属
クイックコードバンド
・温風温度:100℃
大きさ: 215mm×210mm×77mm(フード付き)
・3色
・大風量 2.3㎥/分
・ハイパワー1300W
・クールショットスイッチ
重さ:495g
・プロテクトイオン
・排気口:インレットメッシュ
・ラク抜きプラグ
・セットフード付属
・ロングライフゴムコード
・温風温度:100℃
大きさ:215mm×238mm×77mm(フード付き)
・3色

テスコムドライヤーの新型と旧型の違い

現在の価格差は1500円程度

性能重視で購入したい方は新製品がオススメです。

コストを重視している方には旧製品がオススメです。

今がチャンスです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次