\ ポイント最大9倍! /

キャンプに最適なポータブル冷蔵庫選び方

キャンプ 冷蔵庫

キャンプ、レジャーで必須なのがクーラーボックス。クーラーボックスに氷をガンガン突っ込み使用しても、夕方には溶けていたり、昨今の気候状況を見るととても不安なります。

大自然に囲まれるとなぜか

アイスが食べたくなったり

だけど、、、クーラーボックスは冷蔵はできても冷凍が出来ない!

どうすればいいいのーー?

しかく

そんな人にオススメなのが、ポータブル冷蔵庫

冷凍も冷蔵もできるのがポータブル冷蔵庫なのです。

EVOKE、Makita、F40、EENOR

について比較していきます!

お時間がある方はこちらもどうぞ↓

EVOKE
Makita
F40
EENOR
目次

キャンプ場でのポータブル冷蔵庫の選び方

電源を確保する

野外で電気製品を使うには考えなければならないのは、電源を確保することです。

電源を確保する方法は、以下の3つ

  • 車から電源を確保(シガーソケットから延長コードを伸ばす)
  • ポータブル電源
  • バッテリー内蔵型のポータブル冷蔵庫を使う

ポータブル電源は↓こんなのがあります!

冷蔵と冷凍と温かい保温ができるのか

冷凍ができるのか?温度設定は自由にできるのか?温度設定が高くまである場合は、冷蔵、だけの機能ではなく、保温も可能ですね。冷えるときは温かいスープが飲みたくなったり、保温機能もあると活用の幅が増えます。

キャンプ

冷蔵庫以外の使い道

キャンプ場、野外では、単に冷蔵庫だけの機能ではなく、そのまま、椅子になったり、調理台になったり様々な用途に可能になってくる場合もあります。その為の耐圧性なども必要要素の一つかもしれません。

各社性能比較

ここでご紹介するのは、キャリー性がある製品で、なおかつ電源を必要としないバッテリー内蔵型のもので比較します。

スクロールできます
EVOKE30
EVOKE 30L
参照元:楽天
makita
Makita
CW004GZ 充電式保冷温庫
参照元:楽天
F40
F40C4TMP
参照元:楽天
ENOUR35
EENOUR
参照元:楽天
設定温度-20~20℃-18~60℃-20~20℃-20~20℃
冷蔵・冷凍
同時冷却
可能可能
サイズ
(外寸)
365×378×486㎜676×345×471250×393×443460×411×711
容量30L 29L8L35L
重量11.5㎏20kg8.75kg17.6kg
消費電力45W 冷却90W
保温24W
45W45W
電源AC100V
DC12/24V
AC100V
DC12-24V
AC100V
DC12/24V
AC100-240V
DC12/24V
バッテリー内蔵型内蔵型内蔵型内蔵型
冷却方法コンプレッサー式コンプレッサー式コンプレッサー式
温蔵方式ワイヤヒーター
冷却モードECO/MAX17段階ECO/MAX
騒音≦45db≦45db≦45db
各製品の比較

どこも冷却性能方式は、ほとんど同じ。温度設定の管理をどこを目指すかで変わってきますね

各メーカーの性能比較のまとめ

  • 冷凍機能、冷蔵機能があればよい EVOKE,F40,EENOR,Makita,
  • 冷凍と冷蔵が同時に使いたい場合は EENOR,Makita
  • 温かいものの保温を使いたい場合は Makita

よくある質問

ポータブル冷蔵庫はすぐに冷却するの?

一般的に、ポータブル冷蔵庫は通常、数時間から半日程度で適切な冷却温度に達します。ただし、冷蔵庫の種類やモデルによって異なるため、製品の取扱説明書を確認することが重要です!また、冷蔵庫を初めて使用する際には、できるだけ早く冷蔵庫内に冷たい食品や飲料を入れると、冷却が迅速に行われます。

ポータブル冷蔵庫は満充電された状態だと、どれだけ持つの?

一般的なポータブル冷蔵庫は、満充電の状態で数時間から数日間持続することがあります。具体的な持続時間は、冷蔵庫の仕様と使用条件によって異なります。購入前に冷蔵庫の仕様を確認することをお勧めします。

まとめ

ポータブル冷蔵庫があると、キャンプ場などでの食生活がより充実しそうですね!

冷凍だけでよいのか?冷蔵だけでよいのか?冷凍も冷蔵も一緒にできるのがよいのか?冷凍から保温までできるのが良いのか?

自分が求める機能は何かをじっくり考えて、最適なものを選んで、キャンプ・レジャーを思いっきり楽しんでくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次