脱毛器の使用頻度で悩んだ?効果を高める正しい方法

脱毛 頻度

ムダ毛処理は、女性にとって永遠の課題。

Bさん

オールシーズン、気になっちゃう……。

しかく

ムダ毛処理の悩みを解決してくれるのが家庭用脱毛器です!

Cさん

えっ?脱毛サロンに行かなくても家でできるの??

そうなんです。脱毛サロンに通うよりも手軽に、自宅でムダ毛をケアすることができます。

Cさん

でも、自分で使うとなると、使用頻度とか、心配

家庭用脱毛器の使用頻度については、メーカーによっても推奨値が異なるため、どれくらいの頻度で使用すればよいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

しかく

そこで今回は、家庭用脱毛器の使用頻度について、効果を高める正しい方法をコスメコンシェルジュ(日本化粧品検定特級)の「しかく」が紹介します。

家庭用脱毛器の使用頻度を正しく把握することで、効果的な脱毛を実現することができます。ぜひ、参考にしてみてください。

家庭用脱毛器の中で買って後悔しない!使い方を理解して使えば効果がでる脱毛器を4つ紹介します。

目次

使用頻度はどのくらいでよいの?

毛髪には、成長期・退行期・休止期の3つの成長サイクルがあります。

家庭用脱毛器は、毛根に熱を加えてダメージを与えることで、ムダ毛を脱毛します。

脱毛器の効果を高めるためには

成長期の毛に照射することが重要です。

成長期の毛は、毛根がしっかりと毛を支えているため、熱を加えるとダメージを受けやすくなります。

毛の成長サイクルと使用頻度の関係

毛の成長サイクルは、人によって異なります。

一般的に、毛の成長サイクルは2~8週間程度と言われています。

ボディなら最初の2か月間は2週間に1回程度、

3か月目以降は4~8週間に1回程度であてるのがオススメです。

これらの情報を踏まえると以下のような頻度で使用するのが好ましいと思います!!

家庭用脱毛器を使用する頻度

  • 脱毛を始めたばかりの頃は、打ち損じ・打ち忘れなども考慮し、1~2週間に1回の頻度
  • 脱毛を続けていくうちに、毛の量や濃さが減ってくるため、照射頻度を減らすことが可能(3か月以降:4~8週間隔/回)

※機種により異なりますので、説明書をよくお読みください。

脱毛器の使用頻度を決めるポイント

脱毛器の種類

家庭用脱毛器は、大きく分けて以下の2種類に分けられます。

光美容器

毛根にあるメラニン色素に光を照射することで、毛根にダメージを与えて脱毛します。

光の波長は、短いほど痛みが強く、効果が早く現れます。

光美容器には、以下のような種類があります。

  1. フラッシュ式:毛根にダメージを与えることができる波長の広い光を照射します。痛みが少なく、広範囲に照射できるのが特徴です。
  2. IPL式:フラッシュ式に似ていますが、より短い波長の光を使用します。そのため、フラッシュ式よりも痛みが強く、効果が早く現れます。

2つの方式をまとめると

スクロールできます
フラッシュ式IPL式
光の波長700~1,200nm550~1,200nm
毛根へのダメージ弱い強い
痛み少ない多い
肌への負担少ない多い
脱毛効果遅い早い
広範囲照射
フラッシュ式とIPL式の違い

効果の即効性と肌へ負担は相反する傾向があるので、ご自身の肌に無理のない選択をされた方がよいと思います。

レーザー脱毛器

毛根にダメージを与えることができる波長の短い光を照射します。

レーザー式は、光美容器よりも痛みが強いですが、効果が早く現れ、持続性が高いのが特徴です。

レーザー脱毛器には、以下のような種類があります。

  1. アレキサンドライトレーザー:根に吸収されやすい波長の光(755nm)を照射します。そのため、黒い毛に効果的です。
  2. YAGレーザー:波長(810nm)の光を照射します。そのため、黒い毛だけでなく、茶色や金色の毛にも効果的です。
  3. ダイオードレーザー:波長(850nmまたは1064nm)の光を照射します。そのため、アレキサンドライトレーザーよりも痛みが少なく、YAGレーザーよりも黒い毛に効果的です。

家庭用脱毛器のオススメは、傷みが少なく、広範囲に照射できる点で

  • フラッシュ式の脱毛器IPL式脱毛器です!

毛の量や濃さ

毛の量や濃さが多い場合は、照射出力が強い脱毛器を選びましょう。また毛の量が少ない場合は照射出力を低めに設定してください。

肌質

肌が敏感な場合は、照射出力を低めに設定してください。

脱毛したい部位

顔やデリケートゾーンなど、肌が敏感な部位は、照射出力を低めに設定しましょう。

初めて脱毛器で脱毛をする場合

脱毛を始める際には、まずは低めの出力から始めて、徐々に出力を上げていきましょう。

照射出力が影響を及ぼす項目をリストアップ

  • 毛の量 (多い:⇔少い:
  • 毛の濃さ(濃い:⇔薄い:
  • 肌質(強い:⇔弱い:
  • 脱毛したい部位(デリケートゾーン、顔:
  • 使用開始(

家庭用脱毛器の比較

スクロールできます
KE-NON 脱毛器
KE-NON
ヤーマン脱毛器
ヤーマン
ブラウン 脱毛器
ブラウン
Ulike 脱毛器
Ulike
発光
システム
フラッシュ式フラッシュ式IPL方式
6J/㎝2
IPL方式
最大21J/㎝2
照射間隔0.4秒0.2秒0.5秒※記載なし
照射回数50万発/台
30年使用
40万発/台40万発/台
22年使用
照射回数無制限
効果を
感じる目安
※記載なし※記載なし4週間6回
KE-NON 脱毛器
KE-NON
ヤーマン脱毛器
ヤーマン
ブラウン 脱毛器
ブラウン
Ulike 脱毛器
Ulike
自動調節なし肌色読み込み10段階自動
(80回/秒;
肌色読み込み)
3段階
手動調節10段階なしなしなし
やさしさ
モード
3段階※記載なし3段階※記載なし
コスト10円/全身※記載なし295円/全身56円/全身
KE-NON 脱毛器
KE-NON
ヤーマン脱毛器
ヤーマン
ブラウン 脱毛器
ブラウン
Ulike 脱毛器
Ulike
美顔器
(アタッチメント)

ひげ
足・ボディ
VIO

ひげ
足・ボディ
VIO

足・ボディ
VIO

ひげ
足・ボディ
VIO
美肌ケア※記載なし
専用ケアアプリ
冷却効果なしなしなし
コードレスなし
IPX-7
なしなし
価格(定価)98,000円99,000円69,800円45,000円
購入する購入する購入する購入する
各製品の比較

※効果は個人差がありますので、目安にしてください。

KE-NON 脱毛器

KE-NON 脱毛器
メリットデメリット
・フラッシュ式で痛みが少ない
・全身に使える
・全身に対するコスパが優れている
・照射に対する自動調整機能がない
・コストが高い
KE-NON 脱毛器 メリット・デメリット

全身に使えて運用コスパが非常に高いのを求めている方には、これがオススメです!!!

しかく

しかくのオススメは、KE-NONです。フラッシュ式で、絶対的安心安全な日本製なんです!
運用コスパが非常に魅力的な製品です。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

\合わせて買いたい/

\合わせて買いたい/

ヤーマン 脱毛器レイボーテヴィーナス ビューティープラス 

ヤーマン脱毛器
メリットデメリット
・フラッシュ式で痛みが少ない
・全身に使える
・全身に対するコスパが優れている
・お風呂場で使える
・コストが高い
ヤーマン 脱毛器 メリットデメリット

お風呂場で使えて、美容に対してアプリで徹底的にケアもできるのがヤーマンです。

肌からきちんとケアしながら、脱毛したい方に、オススメです!

\合わせて買いたい/

\合わせて買いたい/

ブラウン光美容器シルクエキスパートホワイトPro5PL-5014脱毛器

ブラウン 脱毛器
メリットデメリット
・効果が非常に出るのが早いため、早く脱毛したい方におすすめ
・全身に対するコスパが悪い
・IPL方式なので、フラッシュ式より多少痛みが伴う
ブラウン脱毛器 メリット・デメリット

早く脱毛の効果が得られたい人は、こちらが圧倒的にオススメです。

\合わせて買いたい/

\合わせて買いたい/

Ulike Air3 脱毛器

Ulike 脱毛器
メリットデメリット
・照射回数が無限で圧倒的にコスパに優れます
・6回で効果が出る
・肌に優しい冷却機能が搭載されている
・IPL方式なので、フラッシュ式より多少痛みが伴う
Ulike Air3 脱毛器 メリット・デメリット

IPL方式だけど、肌に優しい冷却機能が搭載されているのでオススメです。

効果が早く感じられ、肌への負担がかからないような機能は素晴らしいです!!

\合わせて買いたい/

\合わせて買いたい/

脱毛器の使用頻度に対するよくある質問

脱毛器を使いすぎるとどうなるの?

  • 肌の乾燥
  • 肌の炎症
  • 火傷
  • 色素沈着

などの肌へダメージを起こす可能性があります。

特に、肌が乾燥している状態で脱毛器を使用すると、肌の乾燥がさらに進み、肌トラブルの原因となります。

また、肌が炎症を起こしている状態で脱毛器を使用すると、炎症が悪化する可能性があります。

さらに、照射レベルが高すぎると、火傷を負う可能性があります。火傷を負うと、痛みや赤み、腫れなどの症状が現れます。

また、脱毛器の照射を繰り返すと、色素沈着が起こる可能性があります。色素沈着を起こすと、脱毛した部位にシミやくすみが残ることがあります。

脱毛器を使用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 照射レベルを適切に設定する
  • 肌の状態を確認してから使用する
  • 使用後は保湿をしっかりする

また、肌が敏感な方は、事前にパッチテストを行うことをおすすめします。パッチテストとは、脱毛器を肌に当てて、アレルギー反応が出ないかを確かめるテストです。

脱毛器を正しく使用することで、肌トラブルを予防し、安全に脱毛することができます。

脱毛器と光美容器は何が違うのですか?

脱毛器と光美容器は、どちらも光やレーザーの熱エネルギーを利用して毛根を破壊することで脱毛効果を発揮しますが、以下の点が異なります。

脱毛器

  • 毛根を完全に破壊し、永久脱毛を目的とする
  • レーザーやIPL方式の光源を使用する
  • 照射レベルの調整機能や冷却機能が搭載されている
  • 医療機関で使用される

光美容器

  • 毛根にダメージを与えて、毛を生えにくくする
  • IPL方式の光源を使用する
  • 照射レベルの調整機能や冷却機能が搭載されている
  • 医療機関で使用される場合もあるが、家庭用も販売されている

このように、脱毛器は永久脱毛を目的としているのに対し、光美容器は毛を生えにくくすることを目的としている点が異なります。

また、脱毛器は医療機関でしか使用できないのに対し、光美容器は家庭用も販売されている点も異なります。

脱毛器の使用頻度に関するまとめ

家庭用脱毛器の使用頻度はメーカーによって違うのですが、基本的には、毛髪の成長サイクルに合わせて照射することが重要です。

成長期・退行期・休止期の3つの成長サイクルの中で、成長期に照射することが毛根にダメージを与えやすく非常に有効です。

毛の成長サイクルは2~8週間と言われているので

  • 脱毛を始めたばかりの頃は、打ち損じ・打ち忘れなども考慮し、1~2週間に1回の頻度
  • 脱毛を続けていくうちに、毛の量や濃さが減ってくるため、照射頻度を減らすことが可能(3か月以降:4~8週間隔/回)

が適しています(機種により異なりますので、しっかり取り扱い説明書を読んでから使いましょう)。

家庭用で使用するのであれば、肌にやさしいフラッシュ式で、体全身に対する脱毛コスパの良いKE-NONがオススメです!

お店に行くことなく、体毛のケアを家で手軽にしてみませんか?

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次