\ お買い物マラソン実施中!ポイント最大46倍! /

【2024年最新】衣類スチーマー買って後悔しないオススメ5選

朝、着ようと思っていた洋服がシワシワだったりすることありませんか。

Bさん

朝、アイロン台は出す時間ないし……。

Bさん

アイロンかけなきゃと思うと面倒くさいし……。

しかく

そうそう。時間がない朝は特に面倒なことはしたくない。だけど身だしなみはしっかりしたい。

そんな時にチャチャっと素早く対応出来るのが衣類スチーマーです。

思ったより効果が出ないなどデメリットもありますが、

手軽にシワがとるためのチェックポイントを把握して衣類スチーマーを購入すれば、

仕上がりに後悔することなく、

面倒なく、

素早く、

使用でき、時間が生まれます

毎日の生活が間違いなく激変しますよ。

しかく

主婦歴30年のしかくは一番嫌いな家事はアイロンがけでした。
が、毎日のYシャツのアイロンがけから解放されました!※

これから紹介する5選は、衣類スチーマーとして買って納得出来る、後悔しない商品です。

時間をムダにしたくない方、アイロンがけから解放されたいは必見です。

(※アイロンをかけた様な折り目のつくピシッとした仕上がりにはなりませんがシワがないのをOKとしてます。)

しかく

主婦歴30年、しかくのおすすめは高性能軽さも実現でいているパナソニックの衣類スチーマーです。このパフォーマンスには惚れ惚れです!

\新製品が出ました!旧製品との比較はこちら/

目次

衣類スチーマーのデメリット

スチーム

一般的に言われている衣類スチーマーのデメリットをあげます。

期待していた効果が得られない

どんなものでもあっという間にシワが伸ばせるとイメージしていた場合、実際のギャップに効果が得られないと感じます。

特にギャップを感じるのは、以下の3点です。

  • シワの種類や程度によっては、アイロンの方が効果的である場合
  • 使用方法(温度や噴射量を調整)が適切でなく効果が出にくかった場合
  • 想定以上の時間がかかった場合

使い勝手が悪い

動かしている手に重さを感じたり、操作に手間がかかった時に面倒くさい、使い勝手が悪いと感じます。

特に挙げられたのは以下の2点

  • 思ったようにシワが伸びず、使っているうちに重さを感じる時
  • タンク内の水を定期的に入れる時

衣類スチーマーのメリット

衣類

衣類スチーマーを使うことでの一番実感しているメリットは、大袈裟ですが、「家事からの解放」です。

すぐにシワを伸ばせる

絶対的な良い点が、わざわざアイロン台を出さずに洋服のシワがとれることです。

しかもスイッチを入れてからに起動が早いので、すぐに使えます。

普段のアイロンがけの手間が軽減

アイロンがけの中で特にシャツのアイロンがけって非常に面倒くさかったりします。

パーツが分かれていて、ものすごく面倒なのです。

衣類スチーマー、ハンガーにかけたままアイロンがけができるので、億劫さが断然違います。

(※プレスの仕上がりにはなりません。)

時短家電

隙間時間が生まれる事もとても重要!

朝の忙しい時間でも、気になった衣類をさくっとシワを伸ばして整えることができるし、

通常のアイロンがけも大幅軽減。

衣類スチーマーを選ぶ際のチェックポイント

衣類

間違った選び方をしなければ、しっかりと短時間でシワを伸ばせ、嫌なアイロンがけの家事からも解放。

そのための重要なチェックポイントを挙げます。

スチーム機能

スチーム量が多くなると、強固なシワは伸びやすくなります。

布やシワの状況により、スチーム量の調整や温度整機能ついていると楽チンです。

スチーム機能に関しては以下の3点をチェックしてください。

  • 噴霧スチーム量
  • スチーム量調整機能
  • スチーム温度調整機能

使い勝手を良くする機能

衣類スチーマーは、アイロンに比べて手軽に使用できるというメリットがあります。

スチームタンクの容量が大きいと、水の入れ替えが少なく手間が省けます。

忙しい時はスイッチを入れてすぐに使えるのは非常に重要です。

また持ったまま衣類スチーマーを動かしていくので重くなると億劫になるし、大きいと動かしにくくなります。

つなり、手軽に使うためのポイントは

  • スチームタンク容量
  • スイッチを入れてからの起動早い
  • 重さ
  • コンパクト

です。

スチーム機能使い勝手を考え、後悔しない衣類スチーマーを選ぶチェックポイントは6点です。

  • 噴霧スチーム量
  • スチーム量の調整の有無
  • 温度調整機能
  • スチームタンク容量
  • スイッチ入れてからの立ち上がりスピード
  • 大きさ

買って後悔しない衣類スチーマーのオススメ5選

衣類

買って後悔しない衣類スチーマー5選について、徹底的に性能を比較します。

スクロールできます
パナNI-FS70A-K 
パナソニック
NI-FS70A
日立RX71
日立
CSI-RX71
eue衣類スチーマー
eue
パナ衣類スチーマー_2
パナソニック
NI-GS410-MB
ティファール衣類スチーマー
ティファール
DT7138J0
スチーム量 約15g/分約16g/分約13g/分約16g/分約21g/分
温度調整3段階3段階なしなしなし
立ち上がり
スピード
約17秒約30秒約15秒約30秒約15秒
スチーム
持続時間
約8分約8分約8分間約9分約7分
パナNI-FS70A-K 
パナソニック
NI-FS70A-K
日立RX71
日立
CSI-RX71
eue衣類スチーマー
eue
パナ衣類スチーマー_2
パナソニック
NI-GS410-MB
ティファール衣類スチーマー
ティファール
DT7138J0
タンク
容量
約130mL約130mL約100mL160mL150mL
重さ660g690g520g950g910g
スチーム
範囲
360度全方面対応
スチーム
80㎝180°
スチーム噴射
公式記載なし
サイズ8×13×16cm18×8.5×13cm15×10.8cm14.5×11.5×28cm11.1×14.1×25.8cm
価格18,000円13,549円3,944円9,900円7,980円
購入する購入する購入する購入する購入する
各製品の比較

すべての機能(スチーム機能)が備わっていて、軽さ(使い勝手)も実現しているパナソニックの衣類スチーマーのパフォーマンスに惚れ惚れです!

しかく

しかくのオススメはパナソニックのNI-FS70Aです!

パナソニック 衣類スチーマー NI-FS70A

パナ衣類スチーマー
Panasonic 衣類スチーマーNI-FS70A Panasonic公式より
メリットデメリット
・スチーム量が豊富で、シワを素早く伸ばせる
・立ち上がりが早いので、忙しい朝でもサッと使える
・360°パワフルスチームで、衣類のハンガーの向きや、シワの位置に関係なく、どこからでもシワを伸ばせる
・コンパクトで軽量で、持ち運びや収納がしやすい
・腕への負担に配慮した低重心設計
・除菌・脱臭・消臭
・比較的高価
・スチーム量の調整が3段階と少ない
パナソニック 衣類スチーマー NI-FS70A-Kのメリットデメリット

これだけの性能を備えて、軽量で抑えている点が素晴らしい!!

チーム量が豊富で、立ち上がりも早い、使いやすい衣類スチーマーです。

シワを素早く伸ばしたい人や、忙しい朝でもサッとシワを伸ばしたい人におすすめです。

通常のアイロンにとって代わる一品!!!しかくのオススメの製品です!

旧品(NI-FS790)と比べて立ち上がりスピードとスチーム量が増えました!

\合わせて買いたい/

\合わせて買いたい/

日立 衣類スチーマー CSI-RX71

日立RX71
日立 CSI-RX71
メリットデメリット
・全方面対応スチーム
・挟んでプレスも可能
・除菌もできる
・価格が手ごろ
・温度調整機能が3段階
・立ち上がりスピードがちょっと遅い
日立 衣類スチーマー CSI-RX2A Wのメリットデメリット

温度調整機能が3段階ついてます。その為衣類を大事に使いたい人にオススメ!

新機能挟んでプレスが可能!アイロン台いらずです!一人暮らしにオススメです!

eue 衣類スチーマー

eue衣類スチーマー
メリットデメリット
・立ち上がりスピードが早い
・軽量なのに、スチーム持続時間がある
・圧倒的に価格が安い
・しわ取りだけでなく、除菌脱臭効果も有り
温度調整 なし
eue 衣類スチーマーのメリットで・デメリット

手早く、手軽に使えて性能は文句なし!

コスト重視の方にオススメです!

\タイムセール実施中!【見逃し注意】/
Amazon

\合わせて買いたい/

パナソニック 衣類スチーマー スチーム専用 NI-GS410-MB

パナ衣類スチーマー_2
Panasonic 衣類スチーマーNI-GS410-MB
メリットデメリット
・スチーム量が多いのでしっかりシワが伸ばせる。
・立ち上がりスピードも速い
・タンク容量が大きいので、何枚も一気にシワ取り可能
・除菌・脱臭
・手ごろな価格設定
・握りやすい設計
・温度調整機能はなし
・ちょっと重たい
パナソニック 衣類スチーマー スチーム専用 NI-GS410-MB メリット・デメリット

大量のスチームでしっかりシワを素早く直したい方にオススメです!

握りやすい形状になっています。

焼肉屋の臭い、居酒屋の臭い、加齢臭なども徹底脱臭できるので、身だしなみを整えたい人も!是非!!

ティファール 衣類スチーマー スチーム専用 DT7138J0

ティファール衣類スチーマー
メリットデメリット
・圧倒的なスチーム量でシワを伸ばせる
・タンク容量も多く持続時間が長い
・手ごろな価格設定
・除菌・ウィルスにも効果あり
・温度調整がない
・立ち上がりスピードが遅い
・ちょっと重い
ティファール 衣類スチーマー スチーム専用 DT7138J0 メリット・デメリット

スチーム量が圧倒的!この量であれば、どんな布でも軽々シワを伸ばせます。

また価格設定も手ごろで、除菌やウィルスにも効果あり。

なかなか洗いにくいものをササっと除菌するのも大きなメリットです。

買って後悔しない衣類スチーマーについて良くある質問

どうすればしわがとれますか

しわの状況により、適切なスチーム量と温度が必要になります。状況に合わせて衣類スチーマーを設定しましょう。

衣類スチーマーはカビが生えることはありますか

スチーマーが出るときの温度は100度以上になっているので、そのまま乾燥させることで、カビが生えることは少ないと思います。が、しっかり内部の水分を切るように心がけてください。

買って後悔しない衣類スチーマーについてのまとめ

衣類スチーマーを後悔しない選ぶポイントは6つあります。

  1. 噴霧スチーム量
  2. スチーム量の調整の有無
  3. 温度調整程度
  4. 重さ
  5. スチームタンク容量
  6. スイッチ入れてからの立ち上がりスピード

私のオススメは、性能が抜群で、動作性も快適なパナソニック衣類スチーマーNI-FS70Aです!

お手軽に、忙しい時でもチャチャッとシワを伸ばす生活が手に入ります。

アイロンがけからの解放。

実感してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次